カメラ関連のかわいいグッズや本など、買ってよかったもの、欲しいものを綴っていきます

admin admin Title List
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Res.jpg


『Re:S』

出版社:リトルモア
発売日:2006/10/20
価格 :680円(税込)

「あたらしいふつうを提案する」がコンセプトの雑誌『Re:S』。
創刊第2号の特集は、『フィルムカメラでのこしていく』です。
カメラのHowtoモノではなくて、
フィルムカメラのよさを「のこしていく」という視点で、
いろんな方にインタビューしています。
荒木経惟さんのインタビューなんかもありました。

たしかに、今の時代、
いろんなものがデータ化・デジタル化されて、
実体があるんだかないんだかわからないものが増えました。
写真もフィルムからデジタルに代わりつつあるし。
音楽もネットで買えるようになったし。
お金だって、電子マネーが普及し始めました。
便利ではあるけれど、それには「実感」っていうものがないなって思います。

「便利さ」を知ってしまうと、
今まで「普通」だったことが「不便」に感じてしまう。
そうやって、「不便」なものはどんどん隅に追いやられていってる気がします。

でも、その「不便」なところが楽しかったりするわけです。
何が写ってるかすぐ分からないし、
現像する手間もお金もかかるけど、
やっぱりわたしは、フィルムカメラはやめられないな。

「デジタルカメラ全盛期に、なんでフィルム?」って思ってる人に、
ぜひとも読んでいただきたいなって思いました。

Re:S
スポンサーサイト


















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 CAMERA*MONOBLOG, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。